2018年5月11日

その提携先から本当に案件を獲得できていますか?


こんにちは
アックスコンサルティングの籾山です。

私は年間120事務所以上の社労士事務所をご訪問していますが、
その中でも私が一番驚いたT先生の活動実績をお伝えいたします。

T先生は、
支店展開での出店だったため、
人脈0見込み0からの営業活動でした。

結果からお伝えすると、
現在100の会計事務所から毎月3~9件の労務顧問と
15件以上のスポット案件を獲得しています。

ではなぜT先生が、ここまで素晴らしい成果を挙げられたのでしょうか。
ポイントは『ランク分け』と『職員営業』です。

まずT先生は人脈を作ろうと、交流会に参加しました。

ものすごい数のセミナー、交流会に参加し、
1年がたったころには数百枚集まっていました。

なかでも、税理士の名刺は200枚以上ありました。

初めて、T先生とお会いした時、先生はこうおっしゃいました。

「提携先の会計事務所は100件います」

私は唖然とし、心の中でこうつぶやきました。
「それだけ提携先があるなら、うちが支援しなくても大丈夫なのでは…」

ただ、よくよくT先生にヒアリングしてみると
実は税理士の先生方から紹介案件を全然もらっていないとのこと。

仲の良いだけの関係性になってしまっており
業務のPRや社会保険労務士としての情報提供を全くできていなかったそうです。

しかも提携可能な税理士リストが100件もあるので、
一人でやるとしても時間がかかりすぎるし、
何から始めていいのか全く分かりませんでした。

そこでT先生は『ランク分け』を行いました。

持っている税理士の名刺をリスト化し、
すべての提携先に優先順位をつけて、フォローを実施したところ
徐々に紹介案件が増えてくるようになりました。

また、所長ひとりでは限界が来るため、
アックス社会保険労務士パートナーズで提供している資料を活用し、
職員研修を実施。

スタッフを巻き込んで、事務所全体で営業活動が始めたところ
この『職員営業』により、新規案件の開拓もできようになりました。

このように、
多くの先生方の活動をお聞きする機会に恵まれ、
弊社で多くの成功事例が集まっております。

・ほかの先生の事例を聞きたい
・開業したばかりで何から始めたらよいかわからない
・職員に営業を任せたい

このようなお悩みをお持ちで、もしご興味があれば、
アックス社会保険労務士パートナーズにお気軽にご相談ください。